【心配なし!】ラクビの成分と副作用についてまとめてみました

【心配なし!】ラクビの成分と副作用についてまとめてみました

SNSや口コミサイトで話題になっているラクビ「みんなが飲んでいるなら安心!」と思い込んでる人は多いと思います。

毎日飲み続けるものなら、1度自分の目で成分を確認しておくべきだと思います。成分によっては過剰摂取で副作用とかも出てきたりしますからね。

そこでラクビに配合されている成分と、その副作用についてまとめてみました。すでにラクビを飲んでいる方も、これから飲もうとしている方も大事なことなので、最後まで読んでみてください。

 

ラクビに配合されている注目成分

配合成分2

ラクビの配合成分はこれだけ。サプリメントは効果を上げるためにやたらめったら配合成分が多いものもある中で、これだけシンプルな配合成分っていうのは逆に好印象でした!
この中でも特に注目したいのが酪酸菌 オリゴ糖 サラシアエキス ビフィズス菌この4つの成分です。

注目成分①酪酸菌

ラクビの1番の注目成分と言っても過言ではないのがこの酪酸菌。酪酸菌は優れたダイエットサポート効果を発揮する短鎖脂肪酸を作り出す成分や、整腸作用のある成分として知られています。酪酸菌は、医師が処方するNo.1の整腸菌製剤になってるんですよ!

なんとこの酪酸菌は1粒に1,700万個も配合されているんです。ラクビを飲むことでこの酪酸菌を生きたまま大腸に届けることができるので、短時間でより高い効果ができるのも嬉しいポイントですね♡

短鎖脂肪酸ってなに?

短鎖脂肪酸はわかりやすく言うと脂質のことで、炭水化物やたんぱく質と同じ三大栄養素の1つです。

お察しの通り、脂肪なので摂りすぎると“余分な脂肪”として身体に蓄積されて太る原因になってしまいます。
しかし、この短鎖脂肪酸に関しては脂肪の蓄積を防ぐ&脂肪を燃焼する効果があると言われているのです!

短鎖脂肪酸の詳しい効果はコチラを参考にしてください。

注目成分②オリゴ糖

オリゴ糖は腸内環境を整えたり代謝アップ 血糖値の上昇を抑えるなどダイエットや健康に効果を持つ優秀な成分です。糖質の1種なので甘みはありますが、砂糖よりも低カロリーなので日頃から砂糖代わりに使っている方も多いんですよ♪

注目成分③サラシアエキス

糖質が脂肪に変化するのを阻止するダイエットにはうってつけな成分。さらに、整腸作用もあるので食事制限しなくても痩せやすくなるという状態を作り上げてくれるんです♡

注目成分④ビフィズス菌

ビフィズス菌B-3は、よくある植物性由来ではなくて人間由来のビフィズス菌なんです!余分な栄養をため込みにくくして健康をサポートし、仲間の酪酸菌と助け合うことでより高い効果を発揮してくれるんだとか♡
ビフィズス菌はオリゴ糖も同時に摂取することでそも効果もUP!ラクビは痒い所に手が届くサプリメントと言えるでしょう♪

 

ラクビの副作用と注意点

注目成分が集まったラクビですがいざ自分が飲むとなると心配なのが副作用ですよね。ラクビの注意点は次の通りです。

  • 原材料をしっかりと確認して、食物アレルギーが心配な方は使用を控えましょう
  • 体質や体調によって合わない場合があるので、その時は使用を控えましょう
  • 薬を服用中の方、通院・治療中のお方、食事制限がある方、妊娠中・授乳中の方は専門医と相談してから使用しましょう
  • 用法用量をきちんと守りましょう
  • 小さいお子様への使用は避けましょう

食物アレルギーがある人は注意

ですが、食物アレルギーには十分注意してください!ラクビにはアレルギー表示義務のある成分は配合されていませんが、飲む人やその方の体質によってアレルギー反応が出る可能性は考えられます。
飲んでみて副作用のような症状が出た場合は飲むのをやめて、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

ラクビの全成分

全成分
サラシアエキス、麦芽糖、デキストリン、澱粉、ビフィズス菌乾燥原末、酪酸菌、イソマルトオリゴ糖/ゼラチン、キトサン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、リン酸カルシウム

考えられる副作用やアレルギー

ラクビに配合されてる成分で、副作用やアレルギーがありそうな成分をチェックしてみました!

チェックしておきたい成分
サラシアエキス、麦芽糖、デキストリン、澱粉、ビフィズス菌乾燥原末、酪酸菌、イソマルトオリゴ糖/ゼラチン、キトサントレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、リン酸カルシウム

この3つには、人によっては注意が必要かもしれません。

  • サラシア
    ⇒過剰摂取によってお腹が緩くなる、ガスが溜まる
  • キトサン
    ⇒キトサンアレルギー(甲殻類アレルギー)の人はおすすめできない
  • トレハロース
    ⇒過剰摂取によって下痢を引き起こす

 

過剰摂取で下痢になることも

また、もともとお腹が緩い方が飲むと下痢のような症状を引き起こしてしまう可能性もあります。このような症状は副作用というほどではないかもしれませんが、1度にたくさんのラクビを飲んだ場合にも起こりうる症状なので自分の体調と相談しながら用量を守って飲むようにしましょう。

ラクビは食品なので飲み方によっては副作用が出る可能性もあると言われていますが、無茶苦茶な飲み方さえしなければ問題ありません!

 

おわりに

ラクビにはダイエットサポートに最適な注目成分がしっかりと含まれていて、身体の内側から変えていきたいという人にこそぴったりなサプリメントだということがわかりました。
副作用についても調べてみましたが、特に重大な副作用は見つからなかったので、安心してラクビを取り入れることができそうです♪

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る